旭川デザイン協議会

ADA

旭川広告デザイン協議会概要

旭川デザイン協議会は、旭川・旭川近郊であらゆるデザインに関わる仕事をしているクリエイターたちの集団です。さまざまな職種のプロ達が横のつながりを深め、業界の発展とクリエイティブワークの向上を目指すことを目標に、平成11年に誕生しました。講演会や展覧会、デザインコンペ、デザインサロンなどの開催、デザインギャラリー、コレクション館の運営を通して、地域の人々との交流や、旭川・旭川近郊で活躍するクリエイターの連携と周知を図り、デザインが果たす社会的な役割や可能性について追求・探求し、旭川及び道内外諸団体と活発な交流を行っています。

■名称
旭川デザイン協議会
会長 伊藤 友一

■設立
平成11年4月1日(会員数102名、初代会長:渋谷 邦男)
旭川デザイン協議会は、デザインギャラリー運営委員会(H9.9.10 設立)が発展し、地域「産・学・官」(家具、建具、クラフト、広告デザイン、建築、金属製品、アパレル、フラワーアレンジ、景観土木、食品、道東海大、道教育大、高等技専、旭川市等)から自発的な個人、企業、団体参加によって構成されています。

■事業
事業推進に当たっては、理事会の下に各運営事業部を設け、協議運営しています。
 ・デザインギャラリーの運営管理
 ・コレクション館「チェアーズギャラリー」の運営管理
 ・その他自主事業(会員相互の交流事業及び対外的な広報・PR事業等)

■予算
年間総予算約2,000万円(負担金、事業収入、会費等)

■事務局
〒070-0030
旭川市宮下通11丁目 蔵囲夢 コレクション館内
電話 0166-23-3000
ファックス 0166-23-3005
e-mail ada@ada-jp.org
事務局長 中井 啓二郎
事務局次長 江口 抄織