院長の部屋

菊地 浩一院長プロフィール   
らいおん 旬のお話

 ★★★ 育児・医療相談フォーム ★★Q&A★★



このページには、病院で診断を受けた後、『お家でのケア、注意して欲しい点について』病気ごとに簡単に説明しています。病気の診断はかかりつけの医者に診てもらうのが一番良いと思いますので、詳しい症状の説明や診断に必要な事は少なくしています。発熱の時や吐いた時などについては、看護婦の部屋にありますのでそちらを御覧ください。


外来で良く見かける病気について

予防接種のある感染症

・水ぼうそう
・麻疹(はしか)
・流行性耳下腺炎(おたふく)
・風疹(三日ばしか)
・百日咳
・インフルエンザ

その他の感染症

・手足口病
・ヘルペスウィルス歯肉口内炎
・溶蓮菌感染症(しょうこう熱)
・りんご病(伝染性紅斑)
・ヘルパンギーナ
・プール熱
・白色便性下痢症

目・鼻・耳・のどの病気

・結膜炎
・さかさまつげ
・鼻涙菅閉塞
・麦粒腫
・中耳炎
・扁桃腺肥大
・外耳炎
・アレルギー性鼻炎

皮膚の病気

・水イボ
・ジンマシン
・あせも
・とびひ
・おむつかぶれ
・虫刺され

泌尿器の病気

・尿路感染症
・血尿
・タンパク尿
・亀頭包皮炎
・包茎
・外陰膣炎

外科系の病気

・腸重積
・幽門狭窄症
・そけいヘルニア
・陰嚢水腫
・停留睾丸
・肛門周囲膿瘍

急な変化で驚く症状について
熱性けいれん       喉頭炎      喘息発作

精神的なものが誘因になっている症状

自家中毒症   心因性頻尿    へそ疝痛   チック

思春期にみられる病気

起立性調節障害   鉄欠乏性貧血

長くおつきあいする病気について
アトピー性皮膚炎 喘息



Copylight(c)2001-2004 きくち小児科医院(M) All rights reserved.
リンク希望の方はこちらから