旭川デザイン協議会

チェアーズギャラリー

織田コレクションとチェアーズギャラリー

チェアーズギャラリーでは東海大学名誉教授・東川町デザイン振興アドバイザーの織田憲嗣氏が収集した世界各国の椅子を中心としたコレクションを常設展示しています。

織田氏は高知県の生まれで、大阪芸術大学卒業後、高島屋宣伝部勤務を経てフリーのイラストレーターとして活動するかたわら、椅子の研究家として北欧の名作を中心として主に近代以降の椅子を収集してこられました。

1990年に「国際家具デザインフェア旭川」が初めて開催された際、テーマ展で織田氏のコレクションが多数展示されたことをきっかけに、北海道東海大学芸術工学部が教授として招くと共に旭川家具工業協同組合が収蔵スペースを提供することにより、1992年に織田氏自身が数多くの収集品と共に旭川に移られました。

織田氏が所蔵する椅子の数は現在1,300脚を越え、ほかに図面や書籍、スケールモデルなど、椅子のデザインに関わる様々な資料も集められています。個人の収集した椅子のコレクションとしては世界でも最大規模で、ニューヨーク近代美術館やヴィトラ・デザイン・ミュージアムにも匹敵するばかりでなく、文献等の資料も含めて系統的に収集されているため、椅子のデザイン史の過程を研究する上でも第一級の資料として知られています。

また、織田氏の研究領域は椅子以外の日用品にも拡がりを見せ、陶器やガラス器などの分野でも6,000点を超えるコレクションを有しています。

当ギャラリーでは毎回テーマを決めて織田コレクションの椅子を中心に年二回のペースで入れ換えを行いながら常設展示してきました。来館された皆様に織田氏の眼鏡に適った品々の魅力を感じ取っていただけたならば幸いです。